「相続と遺言」の記事一覧

相続と遺言のイメージ画像当カテゴリーは「相続と遺言」です。相続と遺言に関する業務をピンポイントでご紹介しています。

詳しい内容やお問合せはホームページの下記ページをご覧ください。

⇒ 相続のページ

⇒ 遺言のページ

 

相続の必要書類

相続と遺言

上位資格の特定行政書士で、長浜・彦根・米原・東近江・近江八幡など滋賀県全域で相続や遺言のご依頼を承ります。今日は、相続手続に必要な書類についてのお話です。相続手続は個別のケースによって必要な手続きが異なりますので、必要となる書類も同様に異なります。今回は一般的な必要書類をご紹介します。

戸籍謄本の束が一枚に?

相続と遺言

長浜・彦根を中心に滋賀県全域で相続と遺言を業務としております、特定行政書士の行政書士かわせ事務所です。今日は昨年5月にスタートした「法定相続情報証明制度」のお話です。相続手続には戸籍謄本が必要ですが、この戸籍の束が一覧図一枚になるという便利な制度です

遺言書の有無を調査

相続と遺言

滋賀県の行政書士でもわずか数%の上位資格である特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日は、相続の場合に最初にしなければならない遺言書の調査です。遺言書がある場合とない場合では相続手続きが異なりますので、生前に遺言書があると聞かされていなかった場合でも探してみる必要があります。

相続人の範囲と順位

相続と遺言

滋賀県の特定行政書士、行政書士かわせ事務所ブログです。当ブログでは日頃の行政書士業務をピンポイントでご紹介しております。今日は、相続の基本的な知識である、相続人の範囲と順位のお話です。よく、親も子も兄弟も皆で相続すると勘違いされている場合もありますが、相続には順位がございます。

無効な遺言書とは

相続と遺言

滋賀県の行政書士の中でもわずか数%の上位資格である特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日は遺言書が無効になってしまう場合についてのお話です。相続において紛争となることを予防するため非常に効果的な遺言書ですが、無効となっては全く意味がなくなってしまいますし、余計に揉める事になります。

相続の法定単純承認に注意

相続と遺言

滋賀県の行政書士の中でもわずか数%の上位資格、特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日は以前の相続放棄の続編ともいうべき内容で、法定単純承認のお話です。相続放棄しようと思っていたが法定単純承認に該当する事由があれば、単純承認としてすべて承継することになってしまいます。

相続放棄とは

相続と遺言

滋賀の行政書士の中でもわずか数%の上位資格、特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日は相続放棄についてお話しています。相続財産はメリットであるプラスの財産ばかりではありません。借金などのマイナス財産が存在する場合もあります。借金を肩代わりしてしまうケースもあるので注意が必要です。

遺言書が無い場合の相続

相続と遺言

滋賀の行政書士の中でもわずか数%の上位資格、特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日は、遺言書がない場合の相続についてのお話です。遺言書があれば、原則として遺言書の内容通りに相続手続を行います。これは遺言執行といわれます。では、遺言書がない場合はどうなるのでしょうか?結論としては遺言書はあった方がよいということになりますが、急な相続という場面も多いものです。

ページの先頭へ

Translate »