滋賀県で相続と遺言書の作成を承ります

長浜市を中心に滋賀県で相続・遺言書作成を承っている行政書士かわせ事務所です。相続や遺言書のご相談とご依頼はお任せください。当事務所は上位資格の特定行政書士土日祝もご予約OK初回60分相談無料です。

ホームページもご覧ください
相続のページ

遺言のページ

遺言や相続関係では戸籍謄本が必須となります。本人の身分や地位を証する書面として提出しなければならない場合もありますね。

皆様のなじみがあることでいいますと、携帯電話の手続きにも必要な場合がありますね。家族、親族といった続柄を証明する場合に必要となる書類です。今日のお話は、この戸籍の種類についてです。
 

戸籍の種類について

(1)戸籍謄本と戸籍抄本

現在の戸籍の内容を証明するものです。謄本とは記載されているすべての人の証明です。抄本とは一部の人についての証明です。謄本と抄本は違うものです。

呼び名が2通りあってややこしいのですが、戸籍謄本は電子化されていない戸籍で、電子化された戸籍は全部事項証明書といいます。

戸籍抄本も同じように、電子化されたものは個人事項証明書といいます。

(2)除籍謄本

戸籍に記載されている人すべてが、転籍(戸籍の所在地である本籍を移転)や婚姻、死亡などの理由で空っぽになったことを証明するものです。謄本と抄本、電子化に伴う呼び名は戸籍と同じです。

(3)改製原戸籍

戸籍を様式変更や電子化のために改製(作り替えること)する前の、元の戸籍に記載されている内容の証明です。謄本と抄本の呼び名は戸籍と同じです。

(4)戸籍の附票

住所の移転を記録した書類です。本籍地で戸籍と共に管理されています。附票には、本籍や筆頭者のほか、その戸籍にいる人の住所の異動が記録されています。

以上、戸籍一族のご紹介をさせていただきました。

 

 

では、今日のところはこのへんで

詳しくは下記リンクより当事務所ホームページをご覧下さい

 

滋賀県長浜市 行政書士かわせ事務所トップ

滋賀県長浜市の相続

滋賀県長浜市の遺言書

滋賀県長浜市の離婚相談

滋賀県長浜市の建設業許可

滋賀県長浜市の農地転用

滋賀県長浜市のビザ申請

長浜市彦根市米原市の車庫証明

滋賀県長浜市の車の名義変更