滋賀県長浜・彦根の行政書士かわせ事務所ブログ

長浜と彦根を中心に米原、東近江、近江八幡など滋賀県全域で全力サポート。取扱業務が多く、土日祝・夜間もご相談可能、明朗会計システムで相談窓口に最適です。お問合せや各種ご案内は当ブログからホームページへどうぞ。当職は上位資格の特定行政書士なので更に大きな安心をお約束します。

今日は、離婚の理由についてお話します。理由と言っても、直接的に離婚の引き金になったような個別具体的なことではなく、法定離婚原因についてのお話です。裁判離婚の際に基準とされる、法で定められた離婚の原因となるものです。

法定離婚原因

では、法定離婚原因はどのようなものかをご紹介いたします。

不貞行為

配偶者以外の異性と性的関係をもつことです。夫婦には貞操義務があるので、その義務違反ということになります。相手方に不貞行為があったことを離婚原因として訴訟提起する場合、その不貞行為があったことを立証しなければなりません。

悪意の遺棄

民法では、夫婦は同居して互いに協力し、扶助し合わなければならないとされています。この義務に違反して自ら家を出たり、相手を虐待したり、家から追い出すことです。また、同居しているものの、生活費を渡さないことも該当します。

3年以上、生死が不明

相手方が、3年以上にわたって生死不明の状態が続くことです。ただし、1年続いた時点で先述の悪意の遺棄になります。

強度の精神疾患

疾患ですが、回復の見込みが無い状態でなければ認められないことがほとんどです。離婚後の療養、ケアに関して取り決めがなされていることも必要とされます。

その他婚姻を継続しがたい理由

いわゆる性格の不一致や、暴力・DV、性の不一致、親との不和など具体的な事情について判断されます。その他ですので、様々な離婚の理由となった状況になります。

 

これらが法定離婚原因ですが、いずれかに該当すれば離婚の判決が出るかといえば、そういうことではなく、離婚の原因として法定されているということです。

反対に、これらのいずれにも該当しないような離婚理由では、離婚の判決は厳しいといえますね。ちなみに、協議離婚、つまり夫婦間での話し合いをもって離婚する場合はこのような法定の原因とは関係なく離婚できることになります。互いに離婚に同意をして離婚届を出せば離婚が成立します。

 

では、今日のところはこのへんで

行政書士かわせ事務所HPの離婚のページはこちらから

行政書士かわせ事務所HPのトップページはこちらから