滋賀県で「離婚相談から始める離婚協議書の作成」を承ります

長浜市・彦根市を中心に滋賀県で離婚業務を承っている行政書士かわせ事務所です。離婚相談として取り決め事項の解説をし、格調高いオリジナル書式で離婚協議書を作成します。当事務所は上位資格の特定行政書士土日祝もご予約OK初回60分相談無料など8つの安心が特長です。

詳しくはホームページもご覧ください

離婚相談・離婚協議書の作成のページ

行政書士かわせ事務所ホームページトップ

今日は、離婚協議書の考え方についてのお話です。

離婚協議書とは

日本では9割ぐらいは協議離婚による離婚成立だといわれています。離婚に関する取り決め事項を口約束ではなく書面にしたものが離婚協議書です。

離婚自体は離婚届が受理されたら離婚成立なので特に約束も何もないのです。ただし、離婚後のことをしっかり取り決めしなければ不安で仕方ありません。逆に言えばココがはっきりしなければ離婚には至らないと思われます。

 

離婚協議書とは契約です

行政書士は書類作成の専門家です。数千種類ともいわれる様々な書類や図面を作成することが仕事です。夫婦であっても離婚すれば他人です。他人同士が約束をして書面にするのは、契約を締結することになります。

協議書以外にも、契約書や合意書、念書、誓約書など約束をする書面には色んな種類があります。例えば、不倫が発覚した際に、謝罪の言葉と次に発覚した場合の約束などを書面にしたものがあります。

これは主に誓約書という形式で作成します。義務を負う方が権利を有する方に一方的に書面を差し入れるスタイルです。よって、誓約書は誓約する方が単独で署名・押印して書面を作成します。誓約書の所持も権利を有する方がします。

では、離婚協議書はどうでしょうか。夫婦間で、つまり2名で協議して合意した内容を証するものとして作成するのが離婚協議書なので、双方の署名・押印が必要となります。同じ書面を2通作成し、契約当事者の双方がそれぞれ1通ずつ所持します。

離婚協議書は夫婦でする、離婚後の約束を契約する書面だといえるのです。

 

 

行政書士かわせ事務所では離婚相談と離婚協議書の作成を承ります。離婚に関する取り決め事項を離婚相談で確定して、格調高いオリジナル書式で離婚協議書を作成します。とても重要なことなのでネットのひな形を使わずに専門家にご依頼されることをおすすめします。ご相談とご依頼はホームページからお願いします。

 

 

では、今日のところはこのへんで

 

詳しくは下記リンクより当事務所ホームページをご覧下さい

 

滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所ホームページ

滋賀県長浜市の離婚相談に関するページ

滋賀県長浜市の相続手続きに関するページ

滋賀県長浜市の遺言書作成に関するページ

滋賀県長浜市の建設業許可に関するページ

滋賀県長浜市の農地転用に関するページ

滋賀県長浜市のビザ申請に関するページ

滋賀県長浜市の車庫証明に関するページ

滋賀県長浜市の車の名義変更に関するページ