滋賀県で相続と遺言書の作成を承ります

長浜市を中心に滋賀県で相続・遺言書作成を承っている行政書士かわせ事務所です。相続や遺言書のご相談とご依頼はお任せください。当事務所は上位資格の特定行政書士土日祝もご予約OK初回60分相談無料です。

ホームページもご覧ください
相続のページ

遺言のページ

今日のお話は相続分についてです。相続分=相続する分なのですが、なんとなくでしかわからないものじゃないでしょうか?

相続分とは

相続分とは、各相続人が相続財産全体に対してもつ権利義務の割合をいいます。

(1)指定相続分と法定相続分

相続分には指定相続分法定相続分があります。まず、被相続人が遺言で指定した相続分である指定相続分がある場合にはそれに従います。

遺言での指定が無い場合、法定相続分に従います。法定相続分の詳細については、また別の機会にお話します。

なお、遺言で遺留分を超える相続分を指定しても有効です。

(2)遺言で債務の相続分を指定した場合

法定相続分とは異なる債務の相続分を遺言で指定しても、相続人はそれをもって債権者に対抗することはできません。債権者は法定相続分の割合によって、相続人に対して請求できます。

例えば、借金3,000万円を残して夫が死亡し、妻と子1人が相続する場合。「妻が債務のすべてを負担する」という遺言をしていたとしても、債権者は法定相続分である1/2、1,500万円を子に対して請求できます。

(3)分割前に相続人が相続分を譲渡した場合

共同相続人の1人が遺産分割前にその相続分を第三者に譲渡した場合に他の共同相続人は、その価額及び費用を償還して、その相続分を取り戻すことが出来ます。

この権利のことを相続分取戻権といいますが、これは1か月以内にしなければなりません。

相続分に関しては取り戻せるのです。言ってみれば、「おまえ、相続分を勝手に何やってんねん!」ということですよね。ところが、共有持分に関しては異なります。

例えば、相続人の1人が共有持分を譲渡した場合、他の相続人は取戻権を行使できません。子3人が相続人になるケースで、相続人の1人が遺産である土地の共有持分(1/3)を譲渡した場合、他の相続人はその持分を取り戻すことはできません。

 

 

では、今日のところはこのへんで

詳しくは下記リンクより当事務所ホームページをご覧下さい

 

滋賀県長浜市 行政書士かわせ事務所トップ

滋賀県長浜市の相続

滋賀県長浜市の遺言書

滋賀県長浜市の離婚相談

滋賀県長浜市の建設業許可

滋賀県長浜市の農地転用

滋賀県長浜市のビザ申請

長浜市彦根市米原市の車庫証明

滋賀県長浜市の車の名義変更