滋賀県で相続と遺言書の作成を承ります

長浜市を中心に滋賀県で相続・遺言書作成を承っている行政書士かわせ事務所です。相続や遺言書のご相談とご依頼はお任せください。当事務所は上位資格の特定行政書士土日祝もご予約OK初回60分相談無料です。

ホームページもご覧ください
相続のページ

遺言のページ

今日は、相続系のなかでもわかりにくい特別受益者のお話です。
 

特別受益者とは

特別受益者とは、共同相続人のなかで、被相続人から遺贈を受けたり、または婚姻、養子縁組のためや生計の資本として贈与を受けた人のことです。遺贈とは、かんたんにいえば「私が死んだらこれあげる」ということですね。

このような場合、相続財産を前倒しでもらったものとみなされて、その受益分を相続分から控除します。これを特別受益の持戻しといいます。

特別受益がある場合の相続分の計算

(相続時の財産価額)+(特別受益に当たる贈与額)-(寄与分)= みなし相続財産

(みなし相続財産)×(各人の法定相続分)= 具体的相続分額

(具体的相続分額)-(特別受益の額)+(寄与分)=各相続人の実際の相続分

となります。段階を踏んで見ていくとわかりやすいのではないでしょうか。

ちなみに、寄与分とありますが、これは被相続人に対して非常に寄与(貢献)した人が相続分にプラスしてもらえるものです。また別の機会にご紹介いたします。

各相続人の実際の相続分を算出して、ゼロになる場合はもらえないということになります。もし、マイナスになった場合はどうするかといいますと、返還する必要はありません。

特別受益がある場合の具体例

相続開始時の遺産が600万円。相続人は子AとBのみ。Bが100万円の特別受益に当たる贈与を受けていた場合。

600万円+100万円=700万円(これがみなし相続財産)

700万円×1/2=350万円(これが具体的相続分額)

子Aの実際の相続分は350万円
子Bの実際の相続分は250万円 ※350万円ー100万円=250万円

となります。額面を入れたほうがわかりやすいでしょうか。

これだけではありません。特別受益の持戻しの免除というものがあります。これは、生前または遺言で被相続人が特別受益の持戻し免除の意思表示をした場合、遺留分に反しない限りで、その効力が認められるのです。

先ほどの《具体例》ですと、相続財産を均分して子AとBが300万円ずつということになります。

 

 

では、今日のところはこのへんで

詳しくは下記リンクより当事務所ホームページをご覧下さい

 

滋賀県長浜市 行政書士かわせ事務所トップ

滋賀県長浜市の相続

滋賀県長浜市の遺言書

滋賀県長浜市の離婚相談

滋賀県長浜市の建設業許可

滋賀県長浜市の農地転用

滋賀県長浜市のビザ申請

長浜市彦根市米原市の車庫証明

滋賀県長浜市の車の名義変更