滋賀県で相続と遺言書の作成を承ります

長浜市を中心に滋賀県で相続・遺言書作成を承っている行政書士かわせ事務所です。相続や遺言書のご相談とご依頼はお任せください。当事務所は上位資格の特定行政書士土日祝もご予約OK初回60分相談無料です。

ホームページもご覧ください
相続のページ

遺言のページ

今日は遺言執行者のお話です。遺言執行者とは、遺言を執行する者で、もっと突っ込めば遺言書の内容を実現・執行する者です。遺言執行者とはどのような人のことでしょうか?

遺言執行者

(1)遺言執行者がいるメリット

・認知や、相続人の排除を被相続人の死後にする場合

遺言執行者がいなければできません。遺言に書いてある場合は注意です。

・相続人以外の第三者に対して不動産を遺贈する場合

所有権移転登記の際に、遺言執行者がいれば、遺言執行者のみが登記義務者となり、登記申請が円滑になります。

(2)遺言執行者の選任

遺言書で指定するか、家庭裁判所に選任してもらうかです。

(3)遺言執行者の任務

財産目録(遺産目録)の調整

遺言の執行に必要な範囲で作成します。遺言書記載の相続財産の特定です。

・相続財産の管理・執行

遺言執行者は相続人の代理人とみなされます。遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務をもっています。

相続人はこれを妨げることは許されず、不動産の名義変更はできなくなります。このほかにも様々ありますが、専門家に頼むほうが多いと思いますので割愛します。

遺言執行者には、未成年者や破産者などを除けば、誰でもなれます。ただし、大切な遺産を分けたりするのだから、信頼できる人を選任することが重要です。

また、遺言執行者は複数名選任できます。もっとも信頼できる相続人と、行政書士や弁護士といった専門家を選任する場合が多いです。

 

令和2年7月10日、遺言書保管法が施行されています。この新しい制度は、より遺言書作成をしやすくするものです。遺言書保管法を利用した自筆証書遺言なら、法務局で遺言書を保管してもらえ、面倒な検認手続きも不要ですので、当事務所もおすすめしています。遺言書の作成をお考えの方は必ず下記の記事もご覧くださいませ。

遺言書保管法がスタート

 

 

 

では、今日のところはこのへんで

詳しくは下記リンクより当事務所ホームページをご覧下さい

 

行政書士かわせ事務所トップページ

遺言書の作成のページ | 滋賀県長浜市

相続のページ | 滋賀県長浜市

離婚相談と離婚協議書のページ | 滋賀県長浜市

建設業許可申請のページ | 滋賀県長浜市

農地転用・農地法のページ | 滋賀県長浜市

ビザ申請・外国人雇用のページ | 滋賀県長浜市

長浜市彦根市米原市の車庫証明のページ

車の名義変更・自動車登録のページ | 滋賀県長浜市