相続と遺言書作成を承ります

長浜市、彦根市を中心に滋賀で相続・遺言書作成を承っている行政書士かわせ事務所です。相続や遺言書のご相談とご依頼はお任せください。当事務所は初回無料相談、上位資格の特定行政書士、土日祝もご予約OKなど「8つの安心」が特長です。

相続と遺言についての詳細や最新情報は下記ホームページにてご紹介しています。当事務所にご相談・ご依頼の場合は必ずホームページをご確認ください。

相続 ホームページへ

 

遺言 ホームページへ

 

2通の遺言書、どちらを使うのか

被相続人の死亡と同時に相続が始まります。相続の手続きは、遺言書がある場合とない場合により方法が異なりますので、まずは遺言書を探さなければなりません。

では、遺言書が2通でてきた場合はどちらの遺言書を使えばよいのでしょうか。または、どちらも無効となるのでしょうか。被相続人が遺言書を分けて作成したことも考えられますが、1通作成したあとで、これを失念してもう1通作成してしまうこともあります。

記載内容に矛盾がない場合

記載された遺言書の内容にどちらも矛盾がない場合については、両方が有効です。例えば、1通目には預貯金と不動産の分割について記載されており、2通目には後見人指定について記載されているような場合です。

何故、2通になっているかは問題ではなく、日付が同じでも異なっていても、有効になります。

記載内容に矛盾がある場合

記載された遺言書の内容に矛盾がある場合は、後の日付の遺言で前の遺言を撤回したとみなされます。2通の遺言書で、一部のみが矛盾していれば、その部分についてのみ、前の遺言が撤回となるのです。例えば、1通目には長男Aに自宅不動産を相続させると記載されており、2通目には同じ自宅不動産を二男Bに相続させると記載されているようなケースです。

では、同じ日付の場合はどうなるのでしょうか。遺言書には日付を記載しなければなりませんが、時刻まで書く人はいないと思います。日付が同じであれば、先後不明なので矛盾する部分は両方ともに無効となります。

内容が多岐にわたり、矛盾している部分の記載内容が全体にも影響を及ぼす場合については、遺言者に確認するわけにはいきませんので協議しなければならないことになります。

遺言の方式は同じである必要はあるか

前の遺言を後の遺言で撤回する、ということを記述しましたが、これは遺言の方式は問いません。例えば、前の遺言は公正証書遺言で作成してあるが、後の遺言は自筆証書遺言で作成されているということもあると思いますが、方式が異なっていても撤回の効果は発生します。

 

 

今日のところはこのへんで。

 

 

各業務については、当事務所ホームページに最新版・フルサイズでご紹介しています。

 

公式トップページはこちらから

離婚相談のページへ

男女問題のページへ

相続のページへ

遺言のページへ

建設業許可のページへ

農地転用のページへ

ビザ申請のページへ

営業許可のページへ

車庫証明のページへ

車の名義変更のページへ

契約書作成のページへ

内容証明のページへ

パスポート申請のページへ

セミナー講師のページへ

HACCPのページへ