相続と遺言書作成を承ります

長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀で相続・遺言書作成を承っている行政書士かわせ事務所です。相続や遺言書のご相談とご依頼はお任せください。当事務所は初回無料相談、上位資格の特定行政書士、土日祝もご予約OKなど「8つの安心」が特長です。

相続と遺言についての詳細は下記ホームページもご覧ください。最新情報をフルサイズで公開するよう努めています。

相続のページはこちらから

 

遺言のページはこちらから

 

前回までにお話した法定相続分の事例を挙げます。一度、考えてみてください!
答えは最後に。

法定相続分の事例

(1)配偶者と子が相続人の場合

夫(被相続人)が死亡。妻A、妻との子B、妻の連れ子C、夫の愛人D、愛人との子Eがいます。さらに、夫は何年か前に離婚しており、先妻との子F(親権は先妻)がいるというケースで各人の相続分はどれだけか?

 

(2)配偶者と直系尊属が相続人の場合

夫(被相続人)が死亡。妻A、妻の母B、夫の実親C、夫の養親DEがいます。各人の相続分はどれだけか?

 

(3)配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

夫(被相続人)が死亡。妻A、夫の兄B、夫の兄C(すでに死亡)の孫Dがいます。各人の相続分はどれだけか?

 

法定相続分の事例《回答》

1)配偶者と子が相続人の場合の各人の相続分

・妻A=1/2
・子B=1/6 ※1/2×1/3=1/6
・連れ子C=なし
・愛人D=なし
・愛人Dとの子E=1/6 ※1/2×1/3=1/6
・先妻との子F=1/6 ※1/2×1/3=1/6

(2)配偶者と直系尊属が相続人の場合の各人の相続分

・妻A=2/3
・妻の母B=なし
・夫の実親C=1/9 ※1/3×1/3=1/9
・夫の養親D=1/9 ※1/3×1/3=1/9
・夫の養親E=1/9 ※1/3×1/3=1/9

(3)配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合の各人の相続分

・妻A=3/4
・夫の兄B=1/4
・夫の兄C=なし
・夫の兄Cの孫D=なし

いかがでしょうか?

 

 

では、今日のところはこのへんで

 

 

各業務については、当事務所ホームページに最新版・フルサイズでご紹介しています。

 

トップページはこちらから

離婚相談のページへ

男女問題のページへ

相続のページへ

遺言のページへ

建設業許可のページへ

農地転用のページへ

ビザ申請のページへ

営業許可のページへ

車庫証明のページへ

車の名義変更のページへ

契約書作成のページへ

内容証明のページへ

パスポート申請のページへ

セミナー講師のページへ

HACCPのページへ