相続と遺言書作成を承ります

長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀で相続・遺言書作成を承っている行政書士かわせ事務所です。相続や遺言書のご相談とご依頼はお任せください。当事務所は初回無料相談、上位資格の特定行政書士、土日祝もご予約OKなど「8つの安心」が特長です。

相続と遺言についての詳細は下記ホームページもご覧ください。最新情報をフルサイズで公開するよう努めています。

相続のページはこちらから

 

遺言のページはこちらから

自筆証書遺言は遺言者自身ですべて手書きで書きます。書き方自体についてはHPや当ブログを参照して下さい。今日のお話は、書けた後、封筒に入れるまでです。

遺言書が書けた後も気を抜けない

遺言書を綴じる

遺言書が書けたら、一番最後に日付、住所、氏名、生年月日を記入し、実印を押します。遺言書が2枚以上になる場合はホッチキスでとめます。

ホッチキスでとめたら綴じ目に実印を押します。これはとめた紙が一対の物である証明です。これで遺言書自体は完成しました。

%e9%81%ba%e8%a8%80%e6%9b%b8%e5%a5%91%e5%8d%b0

 

遺言書を封筒に入れる

封書も遺言者がすべて自書します。封筒の表には遺言書在中、そして開封注意の文言を書きます。

封筒裏面ですが、封をして実印を押します。この印は遺言書に使用した印と同じ物を押して下さい。日付も遺言書と同じ日付を書いてください。

最後に遺言者氏名を自書して完成です。

%e9%81%ba%e8%a8%80%e6%9b%b8%e3%81%ae%e5%b0%81%e7%ad%92

あとは厳重に保管し、もっとも信頼できる相続人となる方に保管場所を伝えておきましょう。公正証書遺言は公証役場で保管されるので安心ですが、自筆証書遺言は保管上の危険が伴います。

 

 

 

では、今日のところはこのへんで

各業務については、当事務所ホームページに最新版・フルサイズでご紹介しています。

 

トップページはこちらから

離婚相談のページへ

男女問題のページへ

相続のページへ

遺言のページへ

建設業許可のページへ

農地転用のページへ

ビザ申請のページへ

営業許可のページへ

車庫証明のページへ

車の名義変更のページへ

契約書作成のページへ

内容証明のページへ

パスポート申請のページへ

セミナー講師のページへ

HACCPのページへ