くらしの相談を承ります

滋賀県の長浜市と彦根市を中心とする行政書士かわせ事務所です。初回無料相談、上位資格の特定行政書士、土日祝もご予約OKなど「8つの安心」が特長です。

当事務所の詳細については下記ホームページにてご紹介しています。当事務所にご相談・ご依頼の場合は必ずホームページをご確認ください。

公式ホームページはこちらから

 

太陽光発電のパネル設置

自宅の屋根上に設置する太陽光発電パネルは面積も少なく、高いところに設置されるため、トラブルになることは少ないと思われます。新興住宅地では太陽光発電パネルを設置している住宅の方が多く、そのそもパネルの存在も当たり前といった感じもあります。

住宅の屋根ではなく、いわゆる「野立てパネル」の場合にはトラブルになったり、不安に感じる方も多いようで質問を受けることも少なくありません。当事務所では、農地転用を承っている数少ない行政書士事務所(滋賀県湖北地域)ですので、その転用目的が太陽光発電であることも多いです。

太陽光発電が目的の農地転用では、近隣住民の許可を得なければパネルを設置できないということはありません。隣地承諾書という書面はありますが、これがないから不許可になるものではないからです。

太陽光発電パネルの反射がまぶしい

では、設置後にパネルの反射がまぶしいので撤去して欲しいと請求して認められるのでしょうか?太陽光発電は社会生活において有益なものであり、どちらかといえば推奨さえされています。

太陽光発電パネルの必要性、まぶしいという被害の程度などを考慮し、社会通念上受忍すべき限度を超える被害を被っているかどうかがポイントになります。いずれにせよ、発電事業者に対して撤去の請求をしたところで、対応してくれることはないでしょう。

撤去してもらうためには訴訟提起が必要になると思われます。太陽光発電パネルは近年、低反射タイプが採用されており、先述の受忍限度を超えることを証明しなければならず、非常に困難だと思われます。

 

 

今日のところはこのへんで

 

 

各業務については、当事務所ホームページに最新版・フルサイズでご紹介しています。

 

公式トップページはこちらから

離婚相談のページへ

男女問題のページへ

相続のページへ

遺言のページへ

建設業許可のページへ

農地転用のページへ

ビザ申請のページへ

営業許可のページへ

車庫証明のページへ

車の名義変更のページへ

契約書作成のページへ

内容証明のページへ

パスポート申請のページへ

セミナー講師のページへ

HACCPのページへ