相続と遺言書作成を承ります

長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀で相続・遺言書作成を承っている行政書士かわせ事務所です。相続や遺言書のご相談とご依頼はお任せください。当事務所は初回無料相談、上位資格の特定行政書士、土日祝もご予約OKなど「8つの安心」が特長です。

相続と遺言についての詳細は下記ホームページもご覧ください。最新情報をフルサイズで公開するよう努めています。

相続のページはこちらから

 

遺言のページはこちらから

 

今日のお話は、とても問合せが多い相続人です。ドラマや映画のテーマとして「相続がらみ」はよくあるので、相続人という言葉は聞いたことがあると思います。

では、どんな人が相続人なのでしょうか?

 

相続人になれる人

配偶者

配偶者は、常に相続人となります。順位はありません。婚姻届をしている者に限るので、内縁関係は認められません。あくまでも法律上の配偶者というわけです。

第1順位「子とその代襲相続人」

生きて出生した場合の胎児、養子、非嫡出子(内縁で認知された子)も含みます。

第2順位「直系尊属」

自分の親、祖父母など目上の血族です。直系尊属が数人いる場合は被相続人に一番近い者だけが相続人となります。父母⇒祖父母⇒曽祖父母の順ということですね。

第3順位「兄弟姉妹とその代襲者」

兄弟姉妹です。では、代襲相続とは何でしょうか?相続人となるべき子や兄弟姉妹が被相続人の死亡以前に死亡し、または相続欠格や相続廃除によって相続権を失った場合に、その者の子や孫が代襲して相続することです。

ただし、兄弟姉妹の場合はその子に限り代襲できます。孫は認められません。また、相続放棄についても代襲原因とはなりませんので注意が必要です。

相続放棄は、はじめから相続人ではなかったことになるので代襲できないのです。

養子が養親よりも先に死亡したことによる代襲相続の場合、養子縁組前に生まれた養子の子は代襲相続できません。縁組後に生まれた養子の子は代襲相続できることになります。

行政書士試験の勉強をしているときから思ってましたが、民法は配偶者に対する手当てが非常に厚いですね。反面、兄弟姉妹についてはさほどでもありません。ちょっと不思議な感じがします。

 

 

では、今日のところはこのへんで

 

 

各業務については、当事務所ホームページに最新版・フルサイズでご紹介しています。

 

トップページはこちらから

離婚相談のページへ

男女問題のページへ

相続のページへ

遺言のページへ

建設業許可のページへ

農地転用のページへ

ビザ申請のページへ

営業許可のページへ

車庫証明のページへ

車の名義変更のページへ

契約書作成のページへ

内容証明のページへ

パスポート申請のページへ

セミナー講師のページへ

HACCPのページへ