ビザ申請 長浜市彦根市 行政書士かわせ事務所

長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀県でビザ申請・在留資格手続きを承っている行政書士かわせ事務所です。当事務所は入管の申請取次行政書士なのでビザ申請の際にご本人の出頭は免除され、当職だけで入管へ行って手続きできます。

行政書士かわせ事務所のホームページではビザ申請のページで詳しくご紹介しています。

 

ビザとは

そもそもビザとは何でしょう。「ビザ 長浜市」でネット検索してみると、意外な検索結果が表示されます。当事務所は長浜市にありますし、湖北・湖東でビザ申請を取り扱っている行政書士はあまりおりませんので行政書士かわせ事務所ホームページが最初の方に表示されます。

検索結果の下の方をみてみると「ピザ」や「VISAカード」に関するページがゴロゴロ表示されます。Google先生の判断ですが、これでは探している情報にたどり着くのは困難です。

ビザとは、渡航関連で使用する語句でもありますが、在留資格のことを指してビザということが多いのです。外国人が日本に在留する、つまり日本に居住して労働するためには何らかの在留資格(ビザ)が必須だということです。

 

外国人の労働力

現在の日本では、労働力が不足していることは間違いありません。日本はもともと鎖国をしていた国であり、外国人の単純労働自体が原則認められていませんでした。

特に製造業では人手不足で、体力的にも日本人には不向きな業務もあり、外国人を派遣会社に入れてもらっている会社も多いです。日本もついに重い腰を上げ、単純労働も条件が揃えば認めるようになり特定技能という新しい在留資格もできました。

 

外国人雇用の方法

では、外国人を雇用するためにはどんな方法があるのでしょうか。ここでも、外国人を雇用する場合には必ずその仕事にマッチした在留資格を持っている外国人を選ばなければなりません。

不法滞在、不法就労など、入管法の罰則は両罰規定となっており、違反した外国人のみならず雇用主も同時に罰せられます。しかも驚くほど罰則が厳しいので会社の規模によっては終わります。

人材派遣

最もポピュラーなのは人材派遣会社に入れてもらうことです。派遣の形態なので自社の従業員ではなく派遣会社の従業員です。この場合、外国人を多数雇用している派遣会社をセレクトするのがポイントです。派遣先である自社は何も責任が無いといった安易な考え方は避けましょう。

入管法、労働基準法、労働契約法などをしっかり把握すれば派遣先も責任が大きいことがわかると思います。法令順守をきっちりできる派遣会社を選ぶことは自社を守ることでもあります。

派遣の場合の一番のデメリットは「安定しない」ことです。時給が50円高ければ他社へ流れるケースも多いです。残業が減っていくような会社も同様です。現在では派遣会社も人材を確保することが困難なため、穴が開いたら開きっぱなしの可能性もあり労働力は不安定になりがちです。

自社雇用

では、自社で雇用する場合はどうでしょう。すべて自社の責任となるので派遣以上に在留資格(ビザ)に気を配らなければなりません。雇用可能なビザを所持している外国人でなければならないのです。

居住資格(定住者・永住者・日配)

就労資格のように仕事の内容に制限があるビザではなく、就労制限がないのが居住資格といわれるビザです。具体的には「定住者」が該当します。代表例は日系ブラジル人です。また「永住者」はその上をいきます。永住者ビザはいきなり最初から取得できるビザではなく、日本に一定期間在留し、国益に適すると認められたビザです。優秀な方が多いのも特長です。

日本人の配偶者である場合も当てはまります。日本人の奥様が外国人であるといった場合で、在留資格の種類としては「日本人の配偶者等」といいます。

これら居住資格は就労制限がないので(一部禁止の業務もありますが)、非常に雇用しやすいといえます。ただし、派遣と同様に安定性に欠ける一面もあります。

技術・人文知識・国際業務

これは就労資格ですが、単純労働ではなく、高度な技術や知識をもっている外国人に与えられるビザといえます。大学を卒業して、その学んだことが雇用先会社の実務にマッチするというケースはこのビザです。ちょっと他のビザと違うのは、雇用先である会社の方がビザ取得のポイントになるということです。

エンジニア、通訳などの業務が代表的な例です。当事務所へのご依頼もこのビザが多いです。日本に留学している外国人留学生が卒業後にそのまま日本企業に就職する場合や、外国へ行って面接等を行い、日本に呼び寄せて雇用するケースがほとんどです。

技能実習生

以前は研修生と呼んでいたため、研修生と呼ぶ方もいらっしゃいますが、当時の研修生と現在の技能実習生とでは大きな違いがあります。技能実習生は、日本の高度な技術を身に着けて帰国後にそのスキルを活かして母国に貢献するという名目で、就労できるビザです。

技能実習生は研修生とは異なり、労働基準法が完全に適用されます。自社単独で技能実習生を雇用することは難しいので、監理団体といわれる団体を通して雇用することになります。

技能実習生はネガティブな報道も多いですが、実際には若くてやる気のある人材を雇用できるので有効な手段だと言えます。どこの国でどんな雇用手段でも福利厚生、労働基準法を遵守していない会社からは逃げても仕方ないと思います

特定技能

新しく創設されたビザです。単純労働を認める画期的な在留資格で、労働力不足を外国人労働者で補おうとする、言ってみれば今まででは考えられないようなビザといえます。労働力が不足している業種に対して受け入れ人数を設定し、雇用することができます。

外国人自身も、日本人と同等の賃金で労働できるためメリットも大きいです。ただし、条件面では他のビザと比べられないほど厳しく、自社単独で雇用するのも困難かもしれません。

始まったばかりですが、報道や国の発表と現実とでは大きな乖離があるのも事実です。

 

外国人雇用とビザ申請はお任せください

外国人の雇用、ビザ申請に関するご依頼とご相談は当事務所にお任せください。詳しくは行政書士かわせ事務所ホームページのビザ申請のページをご覧ください。

 

 

 

では、今日のところはこのへんで

長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀県で許認可や書類作成を承ります。ホームページをご覧下さい

HPトップ(長浜市)   HPトップ(彦根市米原市)

離婚のページ(長浜市)   離婚のページ(彦根市米原市)

相続のページ(長浜市)   相続のページ(彦根市米原市)

遺言書のページ(長浜市)   遺言書のページ(彦根市米原市)

建設業許可のページ(長浜市)   建設業許可のページ(彦根市米原市)

農地転用のページ(長浜市)   農地転用のページ(彦根市米原市)

ビザ申請のページ(長浜市)   ビザ申請のページ(彦根市米原市)

車庫証明(長浜市)   車庫証明(彦根市米原市)

車の名義変更のページ(長浜市)   車の名義変更のページ(彦根市米原市)