長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀県で車庫証明の代行を承っている行政書士かわせ事務所のブログです。今日のお話は、彦根市の車庫証明についてです。彦根市は通常の登録車(普通車)に加えて軽自動車も車庫証明が必要です。

行政書士かわせ事務所HP 車庫証明のページへ

 

普通車(登録車)の車庫証明

登録車は、新車購入時の新規登録および中古車購入時の移転登録の手続きをするとき、警察署長発行の車庫証明書(保管場所証明書)が必要です。車庫証明を取って、つまり車庫証明書が保管場所がきちんとあることの証明となって自動車の名義人となれるのです。

つまり、自動車を購入する際は、まず車庫証明を取ってから新車や中古車の名義変更をする流れなわけです。車屋さんで自動車を購入する際は、ほとんどの場合で車屋さんにお任せだと思います。

 

軽自動車の車庫証明は届出制

それに対して軽自動車の場合は、車庫証明が届出制になっています。正確には保管場所届出といいますが、許可を取るのではなく「ここが保管場所です」と届け出るのです。

軽自動車の新車を購入する際の新規登録や、中古車を購入するときの名義変更の手続きで、普通車のように車庫証明書が必要ということはありません。警察署長が保管場所として許可をだしたということ自体がないので、車庫証明書なるものがありません。

よって、軽自動車を購入する際は、新規登録や名義変更の手続きが完了し、自分名義の記載になった車検証をもらったあとで管轄の警察署へ届け出ればいいわけです。

届出した翌日以降に、保管場所標章(車のリアガラスに貼る青い丸型ステッカー)を受領することになります。軽自動車の手続きは車庫証明を取る時間が不要なので売買や譲渡の当日に完了できます。

 

軽自動車の車庫証明届出が必要な地域

滋賀県で軽自動車の車庫証明が必要な地域は「彦根市、草津市、大津市(旧志賀町のぞく)」です。当事務所が中心としている地域の中では彦根市が軽自動車保管場所届出適用地域なわけです。

 

軽自動車の車庫証明の手続き

軽自動車の車庫証明届出も、普通車の車庫証明とほとんど同じ手続きです。軽自動車は車庫証明書の発行がありませんので、申請用紙が1枚少ない3枚綴りであることと手数料が標章交付代の550円でいいことが大きな違いです。

具体的な車庫証明届出の取り方や書き方は当事務所ホームページの車庫証明のページをご覧ください。惜しげもなくかなり詳しく記述してあります。

 

では、今日のところはこのへんで

長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀県で許認可や書類作成を承ります。ホームページをご覧下さい

HPトップ(長浜市)   HPトップ(彦根市米原市)

離婚のページ(長浜市)   離婚のページ(彦根市米原市)

相続のページ(長浜市)   相続のページ(彦根市米原市)

遺言書のページ(長浜市)   遺言書のページ(彦根市米原市)

建設業許可のページ(長浜市)   建設業許可のページ(彦根市米原市)

農地転用のページ(長浜市)   農地転用のページ(彦根市米原市)

ビザ申請のページ(長浜市)   ビザ申請のページ(彦根市米原市)

車庫証明(長浜市)   車庫証明(彦根市米原市)

車の名義変更のページ(長浜市)   車の名義変更のページ(彦根市米原市)