車の名義変更は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所へ

長浜市、彦根市、米原市の車の名義変更など自動車登録業務はお任せ下さい。ご自身で登録に行かれる方、面倒なので頼みたい方は行政書士かわせ事務所ホームページ車の名義変更のページもご覧下さいませ。

今日は普通車(登録者)の名義変更のお話です。知人や友人、家族から普通車を売買したり譲ってもらった場合には名義変更をしなければなりません。これは移転登録といわれる手続きです。普通車は軽自動車とは異なり、実印と印鑑証明書が必要となります。また、封印制度がありますので簡単な手続きではありません。

 

ナンバーの封印とは

普通車は、後ろ側ナンバープレートの左側に封印が施されています。これはナンバープレートを付ける場合に運輸支局で封印されているからです。勝手にナンバープレートを取り替えることができなくなっていますので、ナンバー変更を伴う移転登録の際は運輸支局へ車両を持ち込まなければなりません。

 

出張封印は行政書士が封印します

運輸支局は平日の16時までなので、土日祝がお休みの会社員の方は移転登録、封印が困難です。当事務所は丁種封印に対応している行政書士なので、ご依頼人宅へお伺いして旧ナンバーを取り外し、そのまま運輸支局へ行って移転登録をし、新ナンバーを受領します。

そして再びご依頼人宅へお伺いして新ナンバーを取り付けて封印します。これは出張封印というもので、ご自宅や勤務先へ出張して封印できるため運輸支局への車両持ち込みは不要です。

ただし、字光式ナンバーや特殊ビス、違法改造などの車両はできない場合がありますので事前にご確認くださいませ。ちなみに軽自動車には封印制度はありません。

 

普通車の名義変更の必要書類

移転登録の一般的な必要書類は以下のとおりです。未成年や相続による移転、車検証上の氏名・住所と実際とが異なる場合、所有者と使用者が異なる場合などについては、さらに必要となる書類がありますので注意が必要です。

(1)自動車検査証記入申請書(OCR) 第1号様式ですが記載方法は独特です

(2)自動車検査証(車検証) 原本が必要です

(3)所有者の実印と印鑑登録証明書(3か月以内)

(4)所有者の実印と印鑑登録証明書(3か月以内)

(5)委任状 行政書士に委任する場合に必要で、実印を押印します

(6)譲渡証明書 旧所有者の実印を押印します

(7)新使用者の車庫証明書(保管場所証明書)(おおよそ1か月以内)

(8)手数料納付書 手数料は500円です

(9)税申告書 税金の納税義務者も変更しなければなりません

(10)ナンバープレート前後 管轄が変わる場合はナンバー変更も必要です

 

普通車の名義変更の手続き

移転登録は守山市の運輸支局で行います。税金事務所やナンバー購入も同じ敷地内で行えます。ナンバー変更を伴う場合、まず旧ナンバーを返納することからスタートです。

まず、手数料を証紙で納めるため証紙を窓口で購入して手数料納付書に貼付します。そして申請書等必要書類一式を登録窓口に提出します。3月は非常に込み合いますので避けた方が無難です。4時間待ちはザラです。車屋さんや行政書士は殺気立っています。4月1日時点の所有者が納税義務者になるので3月中に移転登録や抹消登録をしておかなければ税金を支払うことになるからです。

交付窓口で新しい車検証を受領し、税事務所の窓口で移動し、納税義務者も変更します。控えを受領して完了です。ナンバー変更を伴う場合は、新しいナンバープレートを購入して帰ります。

 

運輸支局の開庁時間

8:45~11:45、13:00~16:00です。お昼休みがあります。土日祝および12月29日~1月3日は閉庁なので平日に行かなければなりません。お仕事で都合がつかない方、書類関係が苦手な方は当事務所にご依頼ください。

 

 

では、今日のところはこのへんで

長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀県で許認可や書類作成を承ります。ホームページをご覧下さい

HPトップ(長浜市)   HPトップ(彦根市米原市)

離婚のページ(長浜市)   離婚のページ(彦根市米原市)

相続のページ(長浜市)   相続のページ(彦根市米原市)

遺言書のページ(長浜市)   遺言書のページ(彦根市米原市)

建設業許可のページ(長浜市)   建設業許可のページ(彦根市米原市)

農地転用のページ(長浜市)   農地転用のページ(彦根市米原市)

ビザ申請のページ(長浜市)   ビザ申請のページ(彦根市米原市)

車庫証明(長浜市)   車庫証明(彦根市米原市)

車の名義変更のページ(長浜市)   車の名義変更のページ(彦根市米原市)