「農地転用」の記事一覧

農地転用のイメージ画像当カテゴリーは「農地転用」です。農地転用に関する業務をピンポイントでご紹介しています。

詳しい内容やお問合せはホームページの下記ページをご覧ください。

⇒ 農地転用のページへ

 

農地転用とは

農地転用

滋賀県の行政書士の中でもわずか数%、上位資格の特定行政書士です。長浜と彦根を中心に、米原、東近江、近江八幡など滋賀県全域で農地転用を承っています。今日は、農地転用とは何か?というお話です。農家以外の方も土地の売買の際には農地転用が必要なケースにあたることもありますし、農家の方は土地の有効利用を考えた場合には避けては通れない許可だといえます。

農地転用の隣地者承諾書とは

農地転用

滋賀の行政書士の中でもわずか数%の上位資格、特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日は農地転用のお話です。農地転用とは、田や畑をしている土地から、それ以外の利用目的で土地を使うことです。届出や許可申請の際、隣地者承諾書という書類が必要です。隣地者承諾書とはどういったものなのでしょうか?

農地転用第5条の必要書類

農地転用

滋賀の行政書士の中でもわずか数%の上位資格、特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日のお話は農地転用5条の必要書類です。太陽光発電に利用するために土地を売買といったケースが代表例の5条申請です。農地を農地以外の目的に変更をして所有者も変わる場合です。農地転用の必要書類はローカルルールが多いため、まずは農業委員会事務局に確認することが大切です。

農地転用 第4条第5条

農地転用

滋賀の行政書士の中でもわずか数%の上位資格、特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日のお話は農地転用です。農地法第3条は、農地が農地のまま所有者が変わるケースなので農地転用ではありません。農地法第4条と第5条は農地以外に使用目的が変わる手続です。

農地法第3条の許可条件

農地転用

滋賀の行政書士の中でもわずか数%の上位資格、特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日は、農地のまま、他人の物にする手続である農地法3条についてです。農地法3条は転用するわけではないため農地転用ではありませんが便宜上、農地転用の枠に入れて考えることが多いです。

農地転用の種類

農地転用

滋賀の行政書士の中でもわずか数%の上位資格、特定行政書士の行政書士かわせ事務所ブログです。今日は、農地転用についてのお話です。農地転用には種類があり、申請の方法や必要書類も異なります。いずれにせよ、田や畑といった農地を農地以外の利用目的に変更する場合は農業委員会の許可(届出)が必要です。

ページの先頭へ

Translate »