滋賀県で「離婚相談から始める離婚協議書の作成」を承ります

長浜市・彦根市を中心に滋賀県で離婚業務を承っている行政書士かわせ事務所です。離婚相談として取り決め事項の解説をし、格調高いオリジナル書式で離婚協議書を作成します。当事務所は上位資格の特定行政書士土日祝もご予約OK初回60分相談無料など8つの安心が特長です。

詳しくはホームページもご覧ください

離婚相談・離婚協議書の作成のページ

行政書士かわせ事務所ホームページトップ

今日のお話は離婚の慰謝料です。慰謝料は誰もが知っていますが、詳細まで知っている方は少ないです。協議離婚の場合、離婚協議書にも慰謝料の条項を盛り込みます。

離婚の慰謝料とは

慰謝料とは、精神的に苦痛を与えられた側から与えた側への損害賠償です。そして、離婚原因を作った方(有責配偶者)が支払うことになるものです。

離婚理由で多いものに、性格の不一致があります。この場合、まさに不一致ですからどっちに原因があるか、またどちらにも原因があるということになりお互いに慰謝料を請求できない場合も多いです。

離婚の際には、夫婦の共有財産を分割して清算する財産分与というものがあり、慰謝料とは切っても切れない関係です。財産分与の種類に「慰謝料的財産分与」もあります。こちらはまた別の機会にでもご紹介したいと思います。

離婚訴訟で慰謝料を決められる場合は何を基準に決めているのか?これは完全に個別具体的な事情を勘案して決まることなので、明確な基準というものはありません

 

慰謝料が決まる際の要因

・財産分与の金額。財産分与が大きい場合は逆に慰謝料が低くなる傾向がある
・有責度合い。請求した側にも有責性があれば減額される
・経済状況。資力が高ければ慰謝料も高くなる傾向がある
・精神的苦痛の度合い。
・職業や社会的地位
離婚の経緯、婚姻期間、別居期間、年齢、子の有無など
・離婚後の扶助的な必要性

 

慰謝料は必ず発生するものではない

慰謝料は、離婚の場合に必ず発生するものではないとうことです。また、不倫・不貞行為が離婚の原因となった場合については不貞行為の相手方に対しても慰謝料を請求することもできます。

第三者への慰謝料請求については別の機会にご紹介します。

 

 

行政書士かわせ事務所では「離婚相談から始める離婚協議書の作成」を承ります。離婚に関する取り決め事項を離婚相談で確定して、格調高いオリジナル書式で離婚協議書を作成します。とても重要なことなのでネットのひな形を使わずに専門家にご依頼されることをおすすめします。ご相談とご依頼はホームページからお願いします。

 

では、今日のところはこのへんで

 

詳しくは下記リンクより当事務所ホームページをご覧下さい

 

滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所HP

滋賀県長浜市 離婚相談・離婚協議書の作成

滋賀県長浜市 相続手続き

滋賀県長浜市 遺言書の作成

滋賀県長浜市 建設業許可・更新

滋賀県長浜市 農地転用の手続き

滋賀県長浜市 ビザ申請・在留手続き

滋賀県長浜市 車庫証明の代行

滋賀県長浜市 車の名義変更や廃車手続