相続と遺言書作成を承ります

長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀で相続・遺言書作成を承っている行政書士かわせ事務所です。相続や遺言書のご相談とご依頼はお任せください。当事務所は初回無料相談、上位資格の特定行政書士、土日祝もご予約OKなど「8つの安心」が特長です。

相続と遺言についての詳細は下記ホームページもご覧ください。最新情報をフルサイズで公開するよう努めています。

相続のページはこちらから

 

遺言のページはこちらから

 

今日は遺言書に関わる検認という手続きのお話です。自筆証書遺言の場合は検認が必要です。遺言書を公正証書にした場合、自筆証書遺言でも遺言書保管法を利用した場合は検認は不要です。

 

検認とは家庭裁判所の手続き

遺言は「検認」を受けてはじめてその後の手続きを開始できるのですが、では、検認とはどういったものなのか、今日はそのお話です。

そもそも、遺言書に封がされている場合、相続人が勝手に開封してはいけません。勝手に開封しても、実は遺言の効力は失われませんが、5万円以下の過料の処分をうける場合がありますので開けないほうがいいです。

では、どこで開封するのかといいますと、家庭裁判所で開封します。遺言書の偽造・変造を防ぐのです。検認とは、遺言書を家庭裁判所で開封することです。

検認の流れ

(1)検認の申し立て
遺言書を発見した相続人が申立人となり、家庭裁判所に検認の申立てをします。
(2)検認の通知
家庭裁判所から申立人、すべての相続人に対して検認の期日の通知が届けられます。
(3)遺言書の開封
検認の期日に、申立人および相続人立会いのもとで、遺言書が開封されます。
(4)遺言書の内容確認
遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名等遺言の内容がどうなっていたのかを確認します
(5)検認調書の作成
遺言書の内容確認の結果を、家庭裁判所が検認調書にまとめます
(6)検認済証明書の発行を申請
相続人は家庭裁判所に検認済証明書の発行を申請する。

 

こんな流れです。家庭裁判所に申立てをしてから1ヶ月程度かかりますのでお早めに。また、検認しなければ遺言書が有効にならないと勘違いされる方がけっこういらっしゃるようですが、検認は遺言書の効力を発生させるものではありません。

 

 

では、今日のところはこのへんで

 

 

各業務については、当事務所ホームページに最新版・フルサイズでご紹介しています。

 

トップページはこちらから

離婚相談のページへ

男女問題のページへ

相続のページへ

遺言のページへ

建設業許可のページへ

農地転用のページへ

ビザ申請のページへ

営業許可のページへ

車庫証明のページへ

車の名義変更のページへ

契約書作成のページへ

内容証明のページへ

パスポート申請のページへ

セミナー講師のページへ

HACCPのページへ