長浜市・彦根市で農地転用を承ります

長浜市、彦根市を中心に滋賀県で農地転用を承っている行政書士かわせ事務所です。田畑を農地以外として利用する場合の農地転用4条・5条の許可や届出はお任せください。当事務所は上位資格の特定行政書士で土日祝もご予約OK、初回60分相談無料です。

ホームページもご覧ください
滋賀県長浜市 農地転用のページ

今日は農地、つまり田や畑を売りたい場合のお話です。農地は勝手に売買することができません。もっというと、農地のままで移転登記をすることができないので所有権の移転もできないということです。

 

農地を売りたい方

農地を売りたいというご相談は多いです。耕作者が高齢になったが、後を継ぐ人がいないため非耕作地のまま放置せざるを得ず、固定資産税だけ払っているので売ってしまいたいというケースが多いです。

また、相続のご相談のなかで、農地を相続したものの、自分は滋賀県には住んでおらず農業もできないので売ってしまいたいというケースも多いのです。

意外にもご存じない方もいらっしゃいますが、そのままでは農地は売れません。農地を保護するために農地法という法律によって制限があるからです。では、農地を売るためにはどうすればよいでしょうか?

農地のまま売る場合

農地を農地のまま売る場合は、なかなか難しく、条件がすべて揃うことが少ないものです。農地のままで売るということは、その土地には手を加えずに所有者だけ変わることになります。

つまり、売る相手が農家の人に限られているわけです。法的には農地法3条の手続きが必要です。このケースはご近所さんである農家の人が耕作面積を増やそうとして買ってくれるといったケースが一般的です。下限面積という制限も加わるため、今から農業を始めたい人に売ることはできません。

売る相手を探すことになりますが、ご自身で近隣の農家の方に問い合わせたり、農協に相談することになると思われます。

 

農地以外にして売る場合

農地を農地以外の利用目的にして売る場合です。これは農地転用という手続きが必要です。農地以外、いわゆる転用目的といいますが、住宅・駐車場・太陽光発電・資材置場として使いたいから買いたいという方に売るといったケースです。

農地は青地と白地に区分されており、青地の場合は原則として転用不可なため農振除外という手続きをしてから農地転用になります。

流れとしては、買ってくれる人が見つかったら、まずは農地転用の許可申請もしくは届出をします。許可が下りたら、実際に転用目的のとおりにします。住宅を建築したり、駐車場にしたりです。

転用目的のとおりになったら、地目を変更します。農地だったので地目は田や畑になっているはずですが、これを現況通りの宅地や雑種地といった地目にするということです。地目が変更になったら、もう農地ではないので売買の手続きをし、土地の移転登記をします。これが農地を売る場合の大まかな流れです。

どうやって買い手を探すか

ご近所さんや友人・知人だけでは、買ってくれる人を見つけるのは難しいとおもいます。そこで、土地の売買に強い不動産会社にご相談することをおすすめします。

店内に掲示したり、ネット上に公開したり、チラシ広告に掲載したり、フリーペーパーに掲載したりして広く購入希望者を探してくれます。

運よく買ってくれる人が見つかって、農地転用や地目変更、移転登記の手続きは専門家が必要ですが、その手配もやってくれます。個人間売買ではないので売買手続きも安心できると思います。

農地売買に必要な専門家

先述の専門家は、農地転用は行政書士、地目変更は土地家屋調査士、移転登記は司法書士です。2~3名の専門家が関わることになりますが、不動産会社が手配してくれます。これをご自身で探すのは困難です。当事務所は一般の方から直接に農地転用のご依頼をいただくこともありますし、不動産会社を経由したご依頼をいただくこともありますので、どちらも対応できます。

また、いつも一緒に仕事をしている土地家屋調査士、司法書士と連携して業務を遂行いたしますのでスムーズに手続きをすることができます。

 

 

 

では、今日のところはこのへんで

 

詳しくは下記リンクより当事務所ホームページをご覧下さい

 

長浜市彦根市 行政書士かわせ事務所

長浜市彦根市 離婚相談と離婚協議書作成

長浜市彦根市 相続の手続きとご相談

長浜市彦根市 遺言のご相談と遺言書作成

長浜市彦根市 建設業許可の新規許可・更新

長浜市彦根市 農地転用の許可と届出

長浜市彦根市 ビザ申請と外国人雇用

長浜市彦根市米原市 車庫証明の代行(全国対応)

長浜市彦根市 車の名義変更・自動車登録